• トップ >
  • 「カントリーデザイン 収納ベッド」の商品一覧

タイプで選ぶ 収納ベッド

ベッドの下を有効活用して、お部屋に溢れたものをキッチリ収納してお部屋を広く使える収納ベッド。
そんな収納ベッドには機能やデザインによって様々なタイプがあります。
棚・照明・コンセント付き収納ベッド、ガス圧式跳ね上げ収納ベッド、畳収納ベッド、大収納量のチェストベッド。
狭い部屋にもベッドがほしい・・・そんな願いをかなえてくれるショート丈の収納ベッド。などなど。
機能を持たせながら素敵なデザインで、とってもおしゃれな収納ベッドになっています。
また引き出しの構造がBox構造のタイプは、強度も増していてホコリが入らない設計、ベッドの組み立ても短縮できておすすめです。
それぞれのタイプの収納ベッドは下記からお入りください。

棚、コンセント付き収納ベッド

棚・照明・コンセント付き収納ベッド

ガス圧跳ね上げ式収納ベッド

和風、畳・収納ベッド

シンプルデザイン収納ベッド

大収納チェストベッド

BOX構造 収納ベッド

ショート丈収納ベッド

ホテル仕様コイルマットレス


白を基調にしたフレンチカントリーデザイン。
どこか懐かしくいレトロな印象を醸しながら
ロマンチックな乙女心は、いつしかフランスへ・・・


ショート丈天然木カントリー調コンセント付き収納ベッド【Reine】レーヌ


どこかほっこりするカントリーデザイン。
心あたたまるお部屋で毎日を過ごしたい!
そんな気持ちにさせる木のぬくもりを感じるベッド。

どこか懐かしくてレトロな印象のカントリースタイル。
チェックのファブリックを合わせたら、もうそこは大草原の小さな家。


【カントリーデザインとは】
カントリーベッドとは、パインやオーク、メープルなどの木材を使用しオイルやワックスで仕上げる木製の家具のことを総じてそう呼んでいます。

大きな特徴は、昔からそのデザインをほとんど変えることなく、いつの時代も愛され続けてきました。
カントリーデザインベッドにはヨーロッパ系のブリティッシュカントリー、フレンチカントリーと、
植民地時代にイギリスからアメリカに渡り独自に変化したアメリカンカントリーとに大別されます。

アメリカンカントリーベッドは開拓時代に建材として多く使われていたパイン材を使用し、オイルで塗装しただけのラフで素朴な印象を持ち合わせています。
ブリティッシュカントリーベッドが伝統的な英国スタイルを基本とした、重厚で直線的な、高級感あふれるデザインに対し、アメリカンカントリー家具は装飾も少なく、
生活用品として作られた、どこか懐かしく素朴で温かみのある風合いが特徴です。

また、フレンチカントリーベッドは、ロマンティックなイメージで、カラーも白が多く、フランス宮殿のお姫様のお部屋ような風合いがあります。
一方、日本国内でも最近よく目にするようになったフレンチカントリー家具は、アメリカンカントリーベッドを見本に日本人好みに独自にカスタマイズされた、
和製アメリカンカントリーベッドとでも言うべきものではないでしょうか。

木やオイルなどで作られるカントリーベッドは、修理しながら何十年と使われてきました。その素朴な手触り風合い暖かみが人の心を和ませ、
使い込むほど愛着を増していくのもカントリー家具の魅力なのです。

「このページでご案内のカントリーデザインベッドについて】
ショート丈天然木カントリー調コンセント付き収納ベッド【Reine】レーヌは天然木パイン材を使用しています。
その他の収納ベッドは、天然木を模した強化プリントをベッドの表面材に使用したカントリーデザインベッドです。


Q:カントリー調デザインと北欧調デザインの違いは?

・カントリー調デザイン
◯昔からの伝統ある素朴なデザイン
○木材は主に節のある(安価な)パイン材
○家具は天板から足に至るまで全て木材(それもパイン材)
○木材の仕上げは、オイルステン(なので、色が濃い目)
○ファブリックは、無地のコットン生成りかレースを使ったものが多い、もしくはチェック柄、花柄など
○照明器具は、花びらなど草花などをモチーフにしたデザイン
○インテリアアイテムは比較的安価で手に入りやすい

・北欧調デザイン
◯シンプルモダンデザイン。有名デザイナーが手がけたものもありアート的要素も。
○木材はビーチ材(ブナ)もしくはバーチ材(カバ)で、柾目が基本。色はクリアラッカーを使うので白に近い明るい茶色。
○家具などは、比較的木材を生かしたものが多いが、メラミン化粧板+積層合板や塗装+積層合板づかいのものもある
○椅子などは全て木材のものもあれば、足の部分が金属パイプのものもある。
○照明器具は、ポールヘニングセンのようなシンプルな形状が多い。
○ファブリックは、代表的なマリメッコのように大柄のカラフルな色使いのものが多い。
○デザインに懲りだすと、出費がかさむ。(有名なエッグチェアなどは40万以上もします)

「カントリーデザイン 収納ベッド」の商品一覧

全16件中 1~16件表示中

  • 1

全16件中 1~16件表示中

  • 1

収納ベッドご購入の前に知っておきたいこと

収納ベッドには、片側引出しのみのスタンダードな収納ベッドから引出しが二段でベッド下全てが収納ボックスになっているチェストベッド、そしてこれもベッド下全てが収納部のガス圧跳ね上げ式収納ベッドがあります。
お好みや用途、置き場所によってお選びいただけます。
いずれの収納ベッドも、お好みのマットレスと組み合わせて選ぶことが出来ます。(フレームのみのご購入も可能です)

■収納ベッドのメリット
家具の中で専有面積が一番大きいのがベッドです。そしてそのベッドの下は、デッドスペースになっているのがほとんどです。
収納ベッドは、そのデッドスペースを有効活用した機能性に優れたベッドです。
ベッド下を収納スペースとして使用できるので、お部屋に溢れたモノを収納でき、お部屋がスッキリ片付くのが最大のメリットです。
またデザインの種類も、スタンダードベッドと同じように、様々なものがありお好みやお部屋のイメージに合わせやすいおしゃれな収納ベッドがたくさんリリースされています。
ヘッドボード機能やマットレスの違いで、価格帯も幅広くなっているので、ご予算やお好みにあわせて選べるのが特徴です。
殆どのベッドが引き出しは左右付け替えが可能なのでお部屋のレイアウトを選びません。

■収納ベッドのデメリット
収納スペースがある分、ベッド高が少し高くなってしまうので、設置するお部屋や使われるマットレスによってはお部屋に圧迫感を感じることがあります。
しかし、寝起きの時腰掛ける大勢がちょうど良い高さなので腰の悪い方にとってはメリットにもなります。
また引き出しが付く分お値段も上がってしまいます。
よく収納ベッドは、収納したものがカビると云われる方がいますが、殆どの場合、そのようなお部屋では、押し入れや、洋服ダンスの中もカビていると思います。
収納ベッドだからカビるのではなく、お部屋自体が高温多湿に晒されていると思います。
そのような季節には、エアコンや除湿機を使いお部屋の除湿をすることをオススメします。

■収納ベッドの選び方
収納ベッドはヘッドボード以外に収納スペースの造りを良く確認する必要があります。
引出し付きの収納ベッドは、引き出すスペースが必要となります。そのスペースが少ない場合はガス圧跳ね上げ式収納ベッドをおすすめします。
ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは、マットレスごと上下に閉開するので引き出すスペースは必要ありません。
引出しは、大きく分けると、引き出し部分がBOX構造の商品(価格高め)とそうで無い商品(価格安め)で分類されます。
BOX構造の商品は引き出し部分が一体化していることもあり、三方が仕切られているため埃が入りにくいのが特徴です。
さらにBOX部分は完成されているので組立も簡単です。ですから収納ベッドを選ぶときはBOX構造の収納ベッドのご購入をお勧めします。
また収納ベッドの中でもチェストベッドは、ほとんど引き出しが二段作りで、
引き出しの反対側のスペースも大型収納ボックスを設えてあり、カーペットなどの長尺物やゴルフバッグ等の大型のものを収納できます。
チェストベッドはその分通常の収納ベッドより更にベッド高が大きくなります。


■収納ベッドはこんな方におすすめ
・お部屋に収納スペースが不足している方。
・空間を有効に活用したいと考えている方。
・お子様や新生活を始められる方。将来的に収納スペースに必要になりそうな方。

・スタンダード収納ベッド
・ガス圧跳ね上げ式収納ベッド
・チェストベッド
・ショート丈収納ベッド

カートに入れる

ベッドカテゴリー

すのこベッドフロアベッド

ショート丈ベッド

収納ベッド

チェストベッド

マットレス


収納ベッドカテゴリー

サイズで選ぶ 収納ベッド

デザイン・機能で選ぶ 収納ベッド

棚/コンセント付き

棚/コンセント/照明付き 

ガス圧式リフトアップ 収納ベッド

和風 畳 

カントリーデザイン 収納ベッド

シンプルデザイン

その他

快眠マットレス【EVA】エヴァ

カラーで選ぶ

新着

豆知識画像

女の子向けの収納ベッド

unisex

埃対策・BOX構造の収納ベッド

大容量の収納ベッド

ようこそいらっしゃいませ。
「おしゃれな収納ベッド通販」にご来店ありがとうございます。
当ショッピングサイトでは、スタイリッシュで機能的な「収納ベッド・チェストベッド」を多数掲載しています。
セキュリティ対策には万全を期し、個人情報などは厳重に管理しております。
安心してお買い物が楽しめるショップです。
配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」